グロスアーマー、ホンダ、Fit、ホワイト、標準研磨

【グロスアーマー】ホンダ Fit ホワイト【標準研磨】

ホンダ、Fit、ホワイトに標準研磨とグロスアーマーをご用命いただきました。

グロスアーマー、ホンダ、Fit、ホワイト、標準研磨
そのほか、全面ガラス撥水、ホイールコーティング、ヘッドライト研磨、別途持ち込みのホイールのコーティングもご用命いただきました。長い間大切に乗られている愛車で、これからも大切に永く乗っていただけるよう丁寧に施工させていただきました。

隠れた汚れもスッキリ洗浄


ナンバープレートの裏側は普段なかなか洗車することのない箇所です。ナンバープレートを外して綺麗に洗浄することで、今後ここからの汚れの滴りを防止していきます。

ケミカル処理と標準研磨で見違えるようなホワイト


長い間大切にされているからこそ、その結果として研磨で落とさないといけないほどのシミは無く、全体的に洗車傷が刻まれているような塗装面の状態でした。画像の中で研磨前後(左右)を映し出しています。ホワイト色でこのくらいの洗車傷でしたらよく目を凝らして見ないと見えない程度だと思います。研磨専用の特殊なライトの下ではそれら細かく浅い傷も見ることができます。このような傷を研磨で除去することはもちろん美観の向上にもつながりますが、それよりも汚れにくさ(汚れの落ちやすさ)の向上にとても寄与すると考えます。
汚れは取っ掛かり(傷やシミ等の微妙な凹凸)があるとその部分に付着し、付着した汚れを足掛かりにしてさらに汚れを固着させるという特性があります。人間の目には見えないような凹凸でも、あると無いとでは汚れの付着しにくさが明らかに違ってきます。新車の時には綺麗だったのに気が付いたらいつの間にか汚れが固着して、洗車しても落ちなかったりまたすぐに汚れが復活してしまうような現象が起きるのはこのためです。そうなると「どうせ汚れるから」「車が汚くなるのは仕方がない…」と綺麗にし続けることを諦めてしまいがちになります。綺麗を保つには、最初の処置を正しく行い、普段のお手入れを楽に効果的に続けていくことです。そのお手伝いをさせていただけるのはありがたいことだと思います。

スッピン状態にグロスアーマーの相性は抜群です


ケミカルで落とせなかった固着した汚れも一緒に標準研磨で落としていくので、研磨による下地処理後はこれまで表面に出てきていないスッピン状態の塗装面が出てくることになります。その塗装面に直接グロスアーマーを染み込ませ、隔離された屋内で24時間の初期硬化を待ちます。
初期硬化が終われば、第3層となるトップコートを施工して作業完了となります。その後はオーナー様の下で1週間の完全硬化を経ることで、グロスアーマーの本来の性能である艶と汚れ落ちの良さ、そして浸透硬化するガラスコーティング特有のケミカル耐性を得ることとなります。グロスアーマーで守られた愛車は、汚れ落ちの良さ、メンテナンスのしやすさ、シミが乗った場合にはケミカルで除去が可能になるコスパの良さを発揮することと思います。

私は施工して終わりのコーティングではなく、お客さまの利益を一番に考え、お客さまの真の願望である「ずっと綺麗な状態で愛車に乗っていたい」を叶えてお困りごとを極限まで少なくしたいと考えています。そのために、ご自分でも可能な愛車のメンテナンスのノウハウや便利な道具をご提供していきたいと思います。

今回は数あるお店の中から当店と私を選んでいただき、大変ありがとうございました。これからもお役に立てるよう精進して参ります。

  1. グロスアーマー、ワンショットコート、洗車、研磨、ロムカー
  2. グロスアーマーコーティング、トヨタ、エスティマ、標準研磨
  3. レクサス、NX、ブラック、新車、グロスアーマー、艶出し研磨
  4. トヨタ、ハイラックスGR、ホワイト、新車、ウル艶デュアルコート
  5. ホンダ、フリード、ホワイト、新車、ウル艶デュアルコート
  6. トヨタ、プリウス、ブラック、新車、ウル艶デュアルコート
PAGE TOP