トヨタ、ヴォクシー、ホワイト、新車、コーティング、グロスアーマー、ウル艶デュアルコート

【ウル艶デュアルコート】トヨタ ヴォクシー ホワイト【新車】

トヨタ、ヴォクシー、ホワイトの新車にグロスアーマー由来のウル艶デュアルコートをご用命いただきました。

トヨタ、ヴォクシー、ホワイト、新車、コーティング、グロスアーマー、ウル艶デュアルコート

グリルが特徴的な新型のヴォクシーです。細かい造形部分は汚れやシミが付く前にきちんとしたコーティングを施工することで、その後の汚れの付きや綺麗に保つ労力が格段に違ってきます。

新車でもそのままの塗装面は汚れが蓄積しやすい。

高圧洗浄機で表面に付いた汚れを落とす予洗い後の運転席ドアの様子です。納車から1か月ほどのお車ですが、この期間で付着した汚れが高圧洗浄では落ちない程度に固着しています。

こういった「取っ掛かり」があると、その部分に水が留まりやすくなり、水が汚れを呼び込んでさらに固着していきます。ですのでコーティングを施工する前に丁寧に除去して本来の綺麗な塗装面に戻していきます。

通常洗車後のボンネットの様子です。ライトが反射しているラインの上側にシミが見えます。これから専用ケミカルによるシミ取りで綺麗に除去していきます。

ホワイトも艶が上がりクッキリとしたコントラストになります。

スライドドアの車はレールの機構があり、汚れの溜まりやすい急所が多く存在します。放っておくと時間差で溜まった汚れが表面に流れ出てきますので、洗車時に表面の塗装面だけでなく急所の汚れも除去してあげると長い期間で見て汚れない状態を保つことができます。

ボンネットも照明にマイカのフレークが綺麗に反射して良い仕上がりです。

私は施工して終わりのコーティングではなく、お客さまの利益を一番に考え、お客さまの真の願望である「ずっと綺麗な状態で愛車に乗っていたい」を叶えてお困りごとを極限まで少なくしたいと考えています。そのために、ご自分でも可能な愛車のメンテナンスのノウハウや便利な道具をご提供していきたいと思います。

今回は数あるお店の中から当店と私を選んでいただき、大変ありがとうございました。これからもお役に立てるよう精進して参ります。

 

  1. ニッサン、ノート、ブルー、新車、グロスアーマー、ウル艶デュアルコート
  2. グロスアーマー、ダイハツ、アトレー、ホワイト、新車
  3. グロスアーマー、ホンダ、N-ONE、ブラック
  4. トヨタ、プリウス、ブラック、新車、ウル艶デュアルコート
  5. グロスアーマー、トヨタ、ピクシスジョイ、ピンク、軽研磨
  6. グロスアーマー、ニッサン、オーラニスモ、ホワイト、新車
PAGE TOP