トヨタ、プリウス、ホワイト、新車、グロスアーマー、ウル艶デュアルコート

【ウル艶デュアルコート】トヨタ プリウス ホワイト【新車】

トヨタ、プリウス、ホワイトの新車に、グロスアーマー由来のウル艶デュアルコートをご用命いただきました。

新型プリウスは前回もご用命いただきましたので、急所や洗車傷が目立つところがある程度わかっています。

まずは入庫時の確認から行っていきます。


入庫時は雨が降っていたので、表面の水弾きに隠されて細かい洗車傷などは見えにくいですが、水の留まり方である程度のシミの出来具合がわかります。

ルーフの後端を含めたルーフ全体にシミができていそうです。
ピアノブラックを使用しているので、傷が付きやすく、その傷を隠ぺいする”何か”を塗っているとそれがまたシミや汚れが固着する原因になります。


そういった汚れは溜まり続け、あふれ出たものが最終的に急所に集中的に流れ落ちていきます。

ドアの下は、上からの汚れとドア内部の油を含んだ汚れが混ざって流れ出てきますので、特に目立つ部分になります。

リアスポイラー部分もピアノブラックを使用しています。ここは汚れが溜まりやすく、さらに洗車時に力を入れて拭きやすいので、通常の塗装色でも傷が目立ちそうな部分です。

それに加えて傷が付きやすいピアノブラックを使用しているので、ダブルで急所になりやすい部分と言えます。

恐らくここも隠ぺいする何かを塗っているので、それが悪さをしたのか汚れの固着が確認できます。ここは目立つので、クレンジング洗車で除去できない場合はご用命にはありませんが研磨で綺麗に除去しようと思います。

隠ぺいは絶対にダメです。良いことはひとつもありません。作業者の保身や責任回避のためにやっていることだと思います。風土や環境が変わることを願ってやみません。

クレンジング洗車で新車にも付いているシミを除去していきます。

シミは目に見えにくいですが、付いています。シミが見えるようになったら、それはもうケミカルだけでは簡単に落ちない状態にまで成長している可能性が高いです。ですので、ゴシゴシすると傷が付き、さらに汚れやすい塗装面になっていきます。

普段の細やかな丁寧な洗車と、定期的なシミの除去を継続していけば、ずっと綺麗な状態で愛車に乗り続けることができます。汚れたら綺麗にするより、ずっと綺麗を細やかに継続するほうが長い目で見て効果的です。


やはりルーフは自然にできたシミというよりは、何かを塗ったために全体にできた汚れを含んだシミができていたようです。それが油分を含んでいるため、水を弾いて見た目は綺麗なように見える状態だったようです。

きちんと汚れと付いている何かを除去してコーティングにふさわしい塗装面にしていきます。

ドアミラーのベース部分はプラスチックの素地なので、塗装面に使うような油分を含んだ何かを使えません。ですので、ここには自然な輪っか状のシミが付いています。これらも除去していきます。

汚れをシミを除去して露になった本当の塗装面。

新車には、その瞬間を綺麗に見えるように何か塗っていることはよくあることです。それが徐々に落ちていき隠ぺいされていたものが見えてくるのですが、その時にはオーナー自身が付けたものなのか、新車の納車時から付いていたものなのかわからないので「まぁいいか」になります。

本来の状態になって綺麗になった部分と、本来の状態になって傷が目立つようになった部分があります。


ワイパーの付け根部分のカウルトップは綺麗になりました。


ドアミラーのベース部分も綺麗になりました。


しかし、ピアノブラックを使用しているリアスポイラーとルーフは少し残念な状態に見えます。

このままコーティングを施工しても、少しは小さな傷を目立たなくして浸透とガラス化が進行しますが、やはり傷が目立つ状態には変わりないと思います。

ルーフやリアスポイラーといういわゆる上面の環境と、ピアノブラックという傷付きやすい性質が合わさった状況は綺麗を維持しにくい代表例だと思います。

一般的にはこのままコーティングだと思いますが・・・

研磨でピアノブラック部分の傷を除去します。

自分がオーナーだと考えると綺麗な方が良いと思います。

ですので、ご用命にはありませんが研磨でルーフとリアスポイラーを仕上げることにしました。黒い部分がちゃんと黒いと全体が引き締まりますから。


というわけで、急遽研磨開始です。
このような部分研磨も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

綺麗になった塗装面にグロスアーマー由来のウル艶デュアルコートを施工していきます。

新車が本物の新車になったような気がします。
2度目の納車です。

トヨタ、プリウス、ホワイト、新車、グロスアーマー、ウル艶デュアルコート
できるだけ早い段階で新車にコーティングを施工することは、新車納車からコーティングを施工するまでのシミや傷のリスクを減らせます。さらに、コーティングを施工してからの汚れやシミが付きにくくなったことによる美観維持と綺麗にしやすさ、さらにはグロスアーマーならではの手触りの良さというメリットを早くから享受いただけます。

新車納車のご予定がある方、また綺麗な状態を維持するためにコーティングをご検討中の方はぜひ当店へご相談ください。できる限りお悩みを解決できるよう尽力いたします。

私は施工して終わりのコーティングではなく、お客さまの利益を一番に考え、お客さまの真の願望である「ずっと綺麗な状態で愛車に乗っていたい」を叶えてお困りごとを極限まで少なくしたいと考えています。そのために、ご自分でも可能な愛車のメンテナンスのノウハウや便利な道具をご提供していきたいと思います。

今回は数あるお店の中から当店と私を選んでいただき、大変ありがとうございました。これからもお役に立てるよう精進して参ります。

 

  1. トヨタ、アルファード、ホワイト、ボディーコーティング
  2. 【グロスアーマー】アウディ A6 ホワイト【標準研磨】
  3. グロスアーマー、ホンダ、Fit、ホワイト、標準研磨
  4. 洗車、研磨、コーティング、東広島
  5. トヨタ、プリウス、ブラック、新車、ウル艶デュアルコート
  6. グロスアーマー、ニッサン、オーラニスモ、ホワイト、新車
PAGE TOP