トヨタ、プリウス、ブラック、新車、ウル艶デュアルコート

【ウル艶デュアルコート】トヨタ プリウス ブラック【新車】

トヨタ、プリウス、ブラックの新車にグロスアーマー由来のウル艶デュアルコートをご用命いただきました。

お店の近所に実家があるお客様で、毎週のように実家に帰ってこられているとのこと。
新車の納車から2か月弱経過しての入庫となりました。

まずは入庫時の状態を確認します。


特に問題なく、さすが新車だから綺麗に見えます。


しかし、よく確認すると汚れの蓄積から出てくる縦筋状の汚れが見受けられます。
ドアミラーの下部分は全車に共通した縦筋ポイントですが、車種によって急所となる部分がそれぞれ存在します。
それはデザインや設計思想からくる特徴的な形状によるものが原因となりますが、プリウスの場合はリアドアの前方のサッシュ下のようです。(上記写真3枚目)


ルーフやボンネットなどのいわゆる上面のパネルも一様に汚れの蓄積がみられます。
これは新車から2か月弱という期間を考えると想定内の状態です。
というのも、ディーラーでは納車時に綺麗に見えればそれでよいので、長期的に汚れの付着を防いだり、汚れが蓄積しそうな部分を重点的に綺麗にしたりすることはないからです。
ですので、平面には汚れや傷やシミが付着し始め、細かい部分に蓄積した汚れが急所部分(プリウスではリアドアの前方サッシュ下)からあふれ出して縦筋状の汚れを形成するのがこの時期です。
この状態で洗車機に入れたり、取れにくい汚れを物理的に除去しようとこすったりすると、たちまち小傷が全体に付いて益々汚れやすい車になっていきます。


そういったことが原因で、新車の納車から間もないにもかかわらず、上記のように傷が入っている車も少なくありません。
納車からすぐに、できればディーラーで洗車をせずに当店に入庫いただきたい理由はここにあります。

水が留まるということはシミがあるということ。

洗車で表面の汚れを綺麗に落とした後、専用のケミカルを使用してシミを除去していきます。


シミのある部分は必ず同じ個所に水が留まります。逆に言うと、何度も同じ個所に水が留まるということは、その部分にシミや酷い場合には塗装面の窪みがあるということになります。

専用のケミカルを使用すると、シミに反応して白く変色します。これらは主に水道水等に含まれるカルシウムやマグネシウムが乾いて付着したものです。軽いものは太陽光の下ではほとんど見えませんが、画像にように専用のケミカルでは一瞬で白く反応していきます。
この処理をするのとしないのとでは大きな差が生まれることは一目瞭然だと思います。

トヨタに改善してほしい部分

プリウスではリアドアの急所もそうですが、グリル上部のボンネットとの間のパッキンを改善してもらいたいと思いました。
なぜなら、洗車の際にグリルやボンネット部分の隙間を濯ぐと思うのですが、その際にパッキンの内部に水が入り込んでしまいます。そして形状的にUの字をしているので、入り込んだ水がパッキンの中の空洞部分に溜まってしまいます。

その水がボディーの表面に押し出されてヘッドライトやバンパーに付着するので、とても美観維持が難しくなります。
パッキンの下部に水を抜くための穴を設けて、ボディーの表面に出てこない構造にすれば良いと思いました。

汚れとシミを徹底的に除去した後にグロスアーマー由来のコーティングを施工

綺麗なボディーに艶の鎧を謳うグロスアーマー由来のウル艶デュアルコートを施工することで、塗装面に浸透したコーティングが防汚性を高めてくれます。
当店で毎月の洗車や半年に一度のシミ取りメンテナンスでは、長期的に汚れないようにするためにドアやボンネットの内側に蓄積した汚れも除去しております。
長く継続いただくことで安心して気持ちの良いカーライフが送れるようにサポートさせていただきます。


気になっていた蓄積汚れも綺麗に除去できました。今後も楽しいカーライフをお過ごしください。

私は施工して終わりのコーティングではなく、お客さまの利益を一番に考え、お客さまの真の願望である「ずっと綺麗な状態で愛車に乗っていたい」を叶えてお困りごとを極限まで少なくしたいと考えています。そのために、ご自分でも可能な愛車のメンテナンスのノウハウや便利な道具をご提供していきたいと思います。

今回は数あるお店の中から当店と私を選んでいただき、大変ありがとうございました。これからもお役に立てるよう精進して参ります。

 

  1. トヨタ、カムリ、エモーショナルレッドII
  2. 【グロスアーマー】トヨタ RAV4 ブラック【標準研磨】
  3. 【洗車傷、擦り傷】ニッサン デイズルークス ブラック【研磨】
  4. ワンショットコート、トヨタ、ライズ
  5. グロスアーマーコーティング、トヨタ、エスティマ、標準研磨
  6. グロスアーマー、トヨタ、ピクシスジョイ、ピンク、軽研磨
PAGE TOP