トヨタ、ヴォクシー、202ブラック

【グロスアーマー】トヨタ ヴォクシー 202ブラック【標準研磨】

トヨタ、ヴォクシー、202ブラックに標準研磨とグロスアーマーをご用命いただきました。

トヨタ、ヴォクシー、202ブラック
GRエンブレムの付いた大切に乗られているお車です。202ブラックというしっかりとした黒色で、美しさを求めるとこの黒に行き着くと言われるほど一度は所有してみたい色です。
とは言え、ミニバンという性質上ご家族で使用する車種なので綺麗に保ち続けるのはなかなか大変だと思います。加えて大きな平面の多いデザインですので、塗装面の状態が非常に目立ちやすいお車にもなります。丁寧に使ったうえで使用に伴う傷や経年変化をどう受け止めるかが大切になるかなと個人的には思います。

触れるだけで傷が付くと言われる202ブラック

もともとの塗装がメタリックが含まれていない真っ黒な色ですので、気を付けていても指で触れるだけで傷が入ります。傷が入るというよりも、色が濃くて均一過ぎるので傷が良く目立つという表現が適切かもしれません。というのも、どの色でも表面のクリア層はほとんど同じですので、どの色でも同じように傷は付いていると思います。ただそれが見えるか見えないかの違いで、濃い塗装色ほどよく見えるし、メタリックの入っていない色ほどよく見えるのです。
傷の見えやすい色の最高峰である202ブラックに代表されるソリッドブラックは、磨くこともそうですが磨いた後の表面清掃やコーティングの施工工程でもとても気を使います。仕上がった後にショーケースに入れて飾っておくのであれば、傷ひとつなく鏡面のような漆黒に仕上がることが一番と思います。ただし、デリケートになりすぎて使いにくいものになってしまうと本末転倒だと思います。塗装面に浸透してガラス化するグロスアーマーが汚れを落としやすくすることで、綺麗を簡単に保つお手伝いができればとても嬉しいです。


傷を研磨してグロスアーマーで仕上げる艶々の仕上がり

グロスアーマーは傷を埋めませんので、塗装面そのものが見栄えにそのまま出てきます。グロスアーマーを施工するうえで研磨を推奨するのはそのためで、整った塗装面に施工したいと考えるからです。仕上がりの艶々な感じと、その後長く続くクロスを通してもわかるほどのツルツルの触感をぜひ多くの方に味わっていただきたいと思います。
仕上がりを確認されたオーナー様には「せっかくなので長く綺麗な状態を保ちたい!」との感想をいただきました。当店も同じ思いですので、ぜひお手伝いさせてください。

私は施工して終わりのコーティングではなく、お客さまの利益を一番に考え、お客さまの真の願望である「ずっと綺麗な状態で愛車に乗っていたい」を叶えてお困りごとを極限まで少なくしたいと考えています。そのために、ご自分でも可能な愛車のメンテナンスのノウハウや便利な道具をご提供していきたいと思います。

今回は数あるお店の中から当店と私を選んでいただき、大変ありがとうございました。これからもお役に立てるよう精進して参ります。

 

  1. 【洗車傷、擦り傷】ニッサン デイズルークス ブラック【研磨】
  2. 洗車、研磨、コーティング、東広島
  3. ニッサン、ノート、ブルー、新車、グロスアーマー、ウル艶デュアルコート
  4. 【グロスアーマー】VW ポロ レッド【標準研磨】
  5. マツダ、フレアワゴン、ホワイト、新車、ウル艶デュアルコート
PAGE TOP